大手化粧品メーカーにはマネできない!とあるフラーレン美容液がスゴイ。

ライター コスメマーケターAi

フラーレン美容液

みなさまこんにちは!コスメマーケターAiです。

ただいま、「ディープシーセラピー」なるものを受けに、高知県室戸岬にあるオーベルジュ&スパに来ています♡
お仕事とはいえ、2~3日ゆっくりとセラピーを受けて、ここ数日の疲れをリセットしよう~~っなどと楽しみにしております。

さて、そんな高知旅のお供に今回チョイスしたのが、冒頭写真、「フラーレン美容液ラジカルスポンジマーク*APPS+E(TPNa)」という美容液。

フラーレン化粧品で有名なビューティースキン、ビューティーモールさんのアイテムです。

「フラーレン美容液ラジカルスポンジマーク~」のここがスゴイ

フラーレンを規定値以上配合

ビューティーモールで扱われているフラーレンコスメのほとんどがそうなのですが、キー成分であるフラーレン*が規定値以上配合されています。
はっきりとした事はかけないようなのですが、大手化粧品メーカーでは絶対に不可能な配合率。

*炭素60個がサッカーボール状に結合したナノテク新素材。
細胞内の活性炭素除去、メラニン抑制効果など様々な効果があり、美容界でも注目されています。

フラーレン美容液

高濃度、浸透型のビタミンC配合

さらに高浸透型ビタミンC(APPS)、ビタミンE誘導体(TPNa)をビューティーモール独自の黄金比率で高配合。

抗酸化剤として、以下5種類のビタミンCが使われてます。
・アスコルビルヒアルロン酸 VITA-HA(ビタ-HA)
・パルミチン酸アスコルビンリン酸3Na APPS
・2-o-エチルアスコルビン酸 VCエチル
・リン酸アスコルビルMg(APM)
・アスコルビルリン酸Na(APS)

6つの不使用

以上のような、最先端成分、ビンビンな成分を配合しつつ、石油系界面活性剤、パラベン、シリコン、鉱物油、合成香料、合成着色料(タール色素)といった6成分を使っていません。

「フラーレン美容液ラジカルスポンジマーク~」を実際に使ってみた

ビューティーモールでは、化粧水やクリームを併用するように勧められているのですが(当たり前ですね…)、これ1つでもいいんじゃない?というくらい使いやすいアイテムでした。

フラーレン美容液

セラピーで肌がリセットされている状態ですし、スパに滞在している間は、これ1つで保湿していました。
グリセリンが多く配合されているので、テクスチャ、保湿力的には問題ないですね。

あと、やっぱり保湿剤としてのフラーレンの力?なんでしょうか。

知る人ぞ知る、ビューティーモールのフラーレン美容液、パッケージや広告費にお金をかけていない、これらプロダクト。「見つけたもん勝ち」かもしれません。

Thanks:
■医療法人社団よしたけ会 ファミリーデンタルクリニック
■ビューティースキン

スポンサーリンク

kanako-rankakkumaku1 db-top1 「ラ・ピール プラス スムース クリア エッセンス チェルラーブリリオ te-uv3 apps-top1 ダイナテラ テラクオーレ マグノリア ブライトセラム 使っていた full1106a ilg-top アクセーヌ モイストバランス ローション 新作発表会 無添加日焼け止め 3RD ROCK SUN BLOCK 使い心地