40代におすすめ。プラセンタ配合のクッションファンデーションとは

ライター 田中裕子

プラセンティスト クッションファンデーション

数年前、某有名ブランドの取材で、初めて「クッションファンデーション」なるカテゴリの商材を体験しました。

聞けば、もともと韓国で人気だったものが日本にも上陸し、その認知度が高まるとともに国産を謳うものも登場、高級品からプチプラまでさまざまな商品が世に出て、現在の人気に至る…とのこと。

リキッドファンデーションをスポンジにしみ込ませた形態は、なるほど、手を汚さずに済むし、なかなか便利。

さて、今日ご紹介するのは、35-45WOMAN世代にピッタリの、プラセンタが配合された「プラセンティストクッションファンデーション」です。

以下、詳しく。

スポンサーリンク

「プラセンティストクッションファンデーション」の特徴

プラセンティストクッションファンデーションは、

プラセンタ美容液を72.9%(※1)配合し、
・「美容液」「日焼け止め」「化粧下地」「ファンデーション」「コンシーラー」の5役を兼ね
SPF50+ PA+++の日焼け止め効果を持ち、
・高密着パウダーとジェルパウダーで化粧崩れを防ぎ
・酸化しづらいオイルでくすみも最小限に抑える、

次世代ファンデーションです。

・保湿力
・カバー力
・紫外線防止力
・時短力
・持続力

に優れています。

プラセンティスト クッションファンデーションの全成分 原材料名

合成香料、パラベン、鉱物油、合成着色料、フリー。

実際に触ってみた

その中身は…、

コンパクトの中にセットされたスポンジに、美容液ファンデがしみ込んでいます。

プラセンティスト クッションファンデーションの使い心地 口コミ

かなりのヒタヒタ具合。(本来は、付属の薄いスポンジにとって使います)

プラセンティスト クッションファンデーションの使い心地 口コミ

マチュア世代向けのイメージがあったので、かなり硬め、重めなテクスチャなのかな?と思いきや、実際は意外とサラサラとしたウォーターファンデぽい感触です。

プラセンティスト クッションファンデーションの使い心地 口コミ

肌に長時間のせても、疲れなさそうで〇

ただし、凄いのがここからで、このファンデ、「薄づきで、自然な仕上がりなのにカバー力はバツグン」。

プラセンティスト クッションファンデーション 色展開

プラセンタ配合のおかげなのか、シットリとした使い心地もgood。

アミノ酸と脂質複合体からできているという膜が高密着して、さらに、余分な皮脂を吸着するジェルパウダーも配合しているとのことで、「化粧崩れ」の心配も最小限に抑えてくれています。

…余談ですが…、
「プラセンタ97」というサプリメントを出していた頃(多分、15年くらい前?)から、ここのブランドの商品を購入している私。

プラセンタという美容成分が注目される以前から、真摯にプラセンタと向き合ってきたブランドだからこそできた同商品…。

「クッションファンデ、気になってるのよね」という方、ぜひチェックを。

スポンサーリンク

プラセンティスト クッションファンデーションの使い心地 口コミ 「NAVISION」東京・GINZASIX 銀座 蔦屋書店 ヒト幹細胞培養液コスメ BELLIQUE リフトセラムのテクスチャー hazumie ルナソル ヒト幹細胞培養液エキスコスメ ヴァーチェマルラオイル SCインプライム マスク 美巣 エキスゼリースティックR FTCステムイン ダイレクトブースター プラチナム アクティバート クリスマスコフレ 資生堂ベネフィーク リペアジーニアス 商品写真 白漢 しろ彩 口コミ