拡張現実の最新技術であなたもゴーストバスターズに!「銀座ソニーパーク」にて期間限定イベント開催

ライター ライフ☆スタイリスト 乃浬子 Noriko K.

#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK

ソニービルをリニューアルするプロジェクトの一環として、2022年の新ビル竣工までの間、さまざまなイベントを開催している公共スペース「Ginza Sony Park銀座ソニーパーク)」。

その銀座ソニーパークにて、実験的プログラム第11弾となる「#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK」が2019年10月14日~12月8日の期間限定で開催されます。

これは、その名の通り「ゴーストバスターズ」をテーマにしたプログラム。
35-45WOMAN世代からは「懐かしい!」「子供の頃見た!」という声が多い同作品。

ライターNorikoが体験して参りましたのでレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

「#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK」開催概要

今回ご紹介する「#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK」は、「ゴーストバスターズ」35周年を機に、体験型展示や拡張現実に関する実証実験など、建物内各所に用意されたさまざまなアクティビティを楽しむ事が出来るイベントです。

#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK ロゴ

開催期間: 2019年10月14日(月・祝) 〜 12月8日(日)
開催時間: 10:00〜20:00
会場  : Ginza Sony Park
料金  : 入場無料

ソニーパーク

「#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK」の内容

それでは、ライターが体験したモノを中心に、それらアクティビティをいくつかご紹介したいと思います。

GHOSTBUSTERS ROOKIE TRAINING(PARK B3/ 地下3階)

今回のメイン?と言ってもいいアクティビティが地下3階で開催されている「GHOSTBUSTERS ROOKIE TRAINING」です。

これは、参加者自身がゴーストバスターズの一員となって、トレーナーたちとともに建物内を歩きまわり、現れるゴーストを退治するというエンターテインメント。

GHOSTBUSTERS ROOKIE TRAINING

拡張現実の最新技術を使ったARデバイス(プロトタイプ)の他、イヤホンや、ユニフォームであるつなぎ、そして腕に小型のプロントパックを着用。
手の平からビームが出したりしながら、3人1チームでゴーストを捕獲していきます。

GHOSTBUSTERS ROOKIE TRAINING

ストーリーも楽しく、体感だけでなく気分も含め、全く新しい没入体験!最後には認定証が発行され、わたしも晴れて正式?なゴーストバスターズになれました。

Face Change Photo Booth (PARK B3/ 地下3階)

そして同じく地下3階に設置されているのが、「Face Change Photo Booth」というです。

Face Change Photo Booth

前に立つと、映し出された自分の周りをゴーストが飛び交い、↑こんな風にNO GHOSTマークのゴーストの顔が自分の顔と入れ替わるんです。

この画像は、QRコードからダウンロードできるので、SNSでシェアすることも可能。

ソニー・ピクチャーズ映画相関図(PARK B2/ 地下2階)

地下2階で開催されているのは、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントのファンにはたまらない体験型展示…、

歴代95作品を「ゴーストバスターズ」を起点に独自のキーワードで繋いで展示した、その名も「ソニー・ピクチャーズ映画相関図」です。

ソニー・ピクチャーズ映画相関図

要するに、95作品のさまざまな繋がりを、例えば、「正義感」「四人組」「ニューヨーク」などの独自のキーワードで可視化しているんです。(中には、ちょっと無理やりじゃない?!というつなぎ方も…笑)

モニターにて各作品のワンシーンを視聴する事が出来るので、「あぁ懐かしい」「コレ、映画館で見たなぁ」などと思いをはせながら、古今東西の映画を思いっきり楽みました。

GHOSTBUSTERS Props (PARK B1 / 地下1階)

地下1階にもまた、ゴーストバスターズファンにはたまらない展示が。

なんと、「ゴーストバスターズ(2016)」の撮影で実際に使用されたユニフォームや、かの「プロトンパック」などの小道具が飾られているんです。

ゴーストバスターズ プロトンパック

↑「プロントパック」は、過去にエイプリルフールネタにもなったことがある有名な小道具。ファンの方ならご存知ですよね。

ライターも「あぁ…これが…!」とめったにないチャンスに興奮しながら、より鮮明に映画の世界観を感じる事が出来ました。

ÉCRU. GINZA(エクリュギンザ)のマシュマロラテ

めいいっぱい楽しんだ後は、GL/地上フロアにあるスタンド「ÉCRU. GINZA(エクリュギンザ)」の特別メニュー「マシュマロラテ」をいただきましょう。(650円・税込)

もちろんモチーフはマシュマロマン。
実はこちら、こだわりのマシュマロを創り続けて109年という石村萬盛堂とのコラボレーションメニュー。間違いない美味しさです。

ニューヨークのブロードウェイからセントラルパークウエストをのっしのっしと歩いていたマシュマロマンに思いをはせながら…。

「ÉCRU. GINZA(エクリュギンザ)」での特別メニュー「マシュマロラテ」

…というワケで、以上、「#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK」いかがでしたでしょうか。

いやはや、ライターも、恥ずかしいくらいにワーワーキャーキャー言いながら本気で楽しんでしまいました。

特に、「GHOSTBUSTERS ROOKIE TRAINING」はおすすめです。
このアクティビティだけは、全5回の日程に区切られた募集期間に、参加申し込みが必要となりますのでご注意を!

詳しくは、オフィシャルサイトでご確認ください。

スポンサーリンク

刀剣乱舞万屋本舗 外観 shirota-top GHOSTBUSTERS ROOKIE TRAINING マダムバタフライ舞台写真 城田優 性いっぱい展 ピンクの水槽 フォトスポット ディズニーオンクラシック 神楽坂芸者衆 DARKNESS HEELS~THE LIVE~(ダークネスヒールズ ザ・ライブ)囲み取材 goro-top ミュージカル「ファントム」メインキャスト 東京スカパラダイスオーケストラと作る音楽の森