超お洒落「ピュアモリス」のインテリアを「カーテンココ」ショールームでチェックしてきた!

ライター 35-45WOMAN編集長・近藤

カーテンココのショールームで見たピュアモリスのカーテン

自然の木々や草花をモチーフにした、お洒落テキスタイルデザイン「ウイリアムモリス」。

「いつかは…!」とあこがれている方も多いかと思います。

実は私もその一人。

今回、そんなウイリアムモリスからインテリアに取り入れやすい新シリーズ「ピュアモリス」が発表された…ということで、さっそくチェックしてきました!

スポンサーリンク

そもそも「ウイリアムモリス」「ピュアモリス」とは?

William Morris(ウイリアムモリス)は、近代デザインの父と称されるウイリアムモリス自身の名が冠されたテキスタイルブランドです。

1843年 ロンドンの裕福なブルジュア家庭に生まれたモリスは、自然に囲まれた環境、そして芸術家の友人との出会いの中、その感性を養っていきます。

思想家、そして詩人としても知られるモリスですが、なんといっても充実しているのが、今回メインでご紹介しているテキスタイルデザイン。

ウイリアムモリス 布 種類

「いちご泥棒」など、「あ!聞いたことある」という有名デザインも多数。

ウイリアムモリス 食器 小物

150年の年月を経た今もなお愛され続けているテキスタイルデザインなんです。

ウイリアムモリスのカーテン 種類

今回お邪魔した中目黒「カーテンココ」のショールームでも、たくさんの種類を見ることができました。

ピュアモリスとは

さて、そんなウイリアムモリスの新シリーズ(っていう言い方でいいのかしら?)が、「ピュアモリス」です。

ピュアモリス

既存の物と比較して、色数を抑えているのが最大の特徴。
そのおかげで、グッとトラッド感が出ています。

カーテンココのショールームで見たピュアモリスのカーテン

もちろんモチーフ自体は既存の柄。なので、いわば、「今昔折衷」という感じでしょうか。

私、ウイリアムモリスもそうなんですが、テキスタイルメーカーといえばジムトンプソンなんかも好きでして。

ただ、このあたりのブランドを、バッグなどのファッショングッズではなく、インテリアとして自室の取り入れるのは本当に難しい…。それが主役になっちゃうアイテムってどうしても飽きガチなので。

そういう意味でも、今回ご紹介している「ピュアモリス」だと、色数が抑えられているため、素人?でも、取り入れやすくてありがたい。

ピュアモリスのカーテン

誰が使ってもお洒落に見えてしまう、っていうのも、実は魅力の1つなんじゃないでしょうか。

というワケで、そんなピュアモリス、私のようにセンスに自信がない方ならばなおさら、ぜひぜひチェックしていただきたいっ。

カーテンのご相談、見積もりは「カーテンココ」へ。
ショールームの見学も予約できるそうです!(無料)

ピュアモリスのクッション

ピュアモリス バッグ

カーテンココ 場所 アクセス

住所:〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-27-10アーベイン青葉台4F

電話:0120-499-455
営業時間: 10:00~18:00
定休日:木曜日

スポンサーリンク

ピュアモリスのクッション イベント ライフスタイルシフト ラインフレンズストア 原宿 店内の様子 台湾 文房具 tgt11 パネトーネ デコレーション risa-larson-top kariyazaki-top1 daf10p 目黒雅叙園 和のあかり dq-top satofuru1