「フランス・ボルドー白ワインのブレンドを学ぶ」ワークショップに参加

ライター 超チョコレートマニア hitomi

趣向を凝らした白ワインワークショップに参加

ボルドーワイン ワークショップ

昨今、業界で品質の向上が注目されているボルドーの辛口白ワイン。

あまり知られていませんが、その特徴は、複数の品種を合わせる「アッサンブラージュ(ブレンディング)」にあります。

今回、そんなアッサンブラージュの秘訣と技法について学び、さらにアッサンブラージュされる前の単一品種ワインを使ってオリジナルワインを作成するワークショップ「芸術のワイン Bordeaux White」に参加してきましたので、そんな様子をご紹介したいと思います!

「ボルドーの白ワインとは」「今年のワインの出来具合は?」などの情報も。

ライターhitomiがお届けします。

スポンサーリンク

ボルドーといえば赤いワイン?白ワイン?

みなさま、「ボルドーというと赤ワイン」というイメージがありませんか?

かくいう私も、そんなイメージを持っていました。

ですが、生産者さんからのお話によると、本来は白ワインを多く生産している地域なんだそうです。

今年のワインの出来は?

2017年は、4月下旬に歴史的な霜が大きく影響し、また8月末にはアペラシオンに降った雹交じりの激しい雷雨の影響を大きく受けたため、昨年に対して40~50%減少した収穫量になったそう。

ただし…味はとっても良い!とのこと。
2017年ボルドーワインは、赤ワイン、白ワインともに高品質のヴィンテージとなる予感です♪

単一品種ワインを使ってオリジナルワインを作成!

というワケで、ワークショップ開始

ボルドーワイン ワークショップ

実は私、今回のワークショップに参加するまで知らなかったのですが、実際に販売されている白ワインや赤ワインというのは、生産者の方がブレンドをして味を最終的に決めているんだそうです。

シングル(単一品種ワイン)での販売をしているところは、ボルドーでもほとんどない…そのため、今回のワークショップで使うシングルワインを探すのには、とっても苦労したとのこと。

3種類のシングルワインをブレンドしてみます。

3種類のシングルワインの香り・酸味・色・味わいを知り、それぞれをどのくらいの割合で配合していくか?自分たちで決めてオリジナルブレンドを作ります。

3種のワインは以下

ソーヴィニヨン・ブラン
高いアルコール度・淡い色・アロマの豊かさ・心地よい酸味。ボルドー辛口のスター的な存在

セミヨン
黄金色・アロマの繊細さ・なめらかな口あたり。甘口、辛口両方ともに使われる。

ソーヴィニヨン・グリ
希少価値がとても高く、なかなか入手できない。ソーヴィニヨン・ブランが突然変異で灰色がかかったことから生まれた品種。成熟するとわずかにピンク色。少量でもブレンドをすると味がぐっとしまる。

ボルドーワイン ワークショップ

実際に、作り手の方々が行う方法を体験させていただきました。

こちらは、大きなスポイトを使っているところ。ワインをぐーんと吸い上げます。
スポイトには目盛りがついていて、自分で好みの量に調整をしながら分量を決めていきます。

例えば、ソーヴィニヨン・グリは、味をぐっとしめてくれるので、適量をブレンド。多すぎず少なすぎず…難しい!(笑)

ブレンドの仕方によって、シングルと違ったアロマの香りも出てきて、味わいも豊かに。なるほど面白いですね。
本当に、とても貴重で楽しいワークショップでした。

ボルドーワイン ワークショップ

今年の冬のイベントには、ボルドーのワインをおともにしてみようかしら♪

今回お世話になったのは…

ボルドーの生産者 マルク・ミラド氏、ポリーヌ・ディエトリッシュ氏

フランス・ボルドーより来日されたボルドー辛口白ワインの作り手 お二方。

マルクミラド氏(写真中央)
2015年、25歳の若さで家業であった6つのシャトーを引き継ぐ。

ボルドーワインの作り手

ポリーヌ・ディエトリッシュ氏(写真左、下)
ビジネスアナリストとして、アジア各地でキャリアを積んだ後、家族が経営するシャトーに戻るため、醸造学の勉強を再開。28歳になる今日、両親とともに栽培に従事。

ポリーヌ・ディエトリッシュさん

主催 ボルドーワイン委員会

ボルドーの魅力が分かる様々な情報を届ける「ボルドーワイン委員会」。

ボルドーの赤、白、ロゼ、それぞれの特徴や生産地、ヴィンテージチャートと公式がセレクトしたおすすめワイン100選もご紹介しています。
ボルドーワイン委員会 オフィシャルサイト

運営 Sopexa Japon

Sopexa Japon オフィシャルサイト

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

超チョコレートマニア hitomi

デパ地下にあるお菓子屋さんなどでの店長経験、バレンタイン催事会場の設営や販売ノウハウから自身のチョコレート好きが再燃。

最近では、オーガニック系のチョコレートなども極める。

旅好き。チョコレートを求めて、ベルギー、フランス、オランダ、イタリア、ベトナムを旅したことも。

最近の記事

BEAUJOLAIS MATSURIにて歌舞伎俳優 尾上松也さんが乾杯 槙-KOZUE- おすすめカクテル ボルドーワイン ワークショップ 田部 武さん /東京都・Cocktail Works 神保町店 TOKYO Sparkling Fes 2017 梅酒ヌーボー lagavulin4 話題の“スタッフドバケット”と“キヌアのサラダ”のセット… 緑茶梅酒 ブルーベリー梅酒 suga-top11 キリン 杏露酒 ひんやりあんず 口コミ ブログ 料理にあう日本酒