やわらかで甘口の酒を女酒と呼ぶそうです【特集:お取り寄せも!女子旅ひろしま(1/7)】

ライター 野菜ソムリエ ケイ

女酒 広島 西条

皆様こんにちは!
野菜ソムリエ・ケイです。

本当に突然なんですが(笑)、ワタクシ本日から「お取り寄せも!女子旅ひろしま」と題しまして、全7回の連載を受け持たせていただくことになりました。

広島 女酒汁なし担々麺ハートレモン美酒鍋とはおすすめ広島土産鞆の浦 鯛味噌広島アンテナショップTAU広島神楽広島神楽


広島といえば、今もっともアツイ県!
海を隔てたお向かいの愛媛県とタッグを組んだ“瀬戸内しまのわ”という取組みで、グルメな商品を見かけることも多いですよね。

首都圏の方なんかは、銀座の広島ブランドショップTAUもお馴染みでしょうか。
あそこ、花瑠&花星・オイル&オイスターが買えるから、個人的にありがたいんですよね~。

っというようなことで、とにかく広島!なのですよ。
海あり、山あり、そして水よし・・・!

さて、そんなワケで「お取り寄せも!女子旅ひろしま」特集。
連載第1回の今日は、お酒についてです!

広島 日本酒

あまり知られていない?のですが、実は広島は、灘・伏見と並んで三大銘醸地の一つである西条町を有する県です。

そして西条町には、酒蔵通りと呼ばれる醸造場が集まった場所があり観光地としても人気。

この日は、その酒蔵通りにあります賀茂鶴酒造さんへ取材へ行きました。

西条 酒蔵通り

広島の酒は「女酒」と呼ばれています。

女酒とは?

キリっとした辛口の酒の男酒(灘などで作られているそうです)に対し、芳醇な味、やわらかで甘口なものを女酒と呼びます。

愛される理由は「水」でした。

一般的に、日本酒には硬水が適しているといわれています。

これに対し、広島県に湧き出る水はカルシウム含有の少ない軟水。このために、広島では一般的な醸造法よりも手間と時間のかかる軟水醸造法という手法を採用。ちょっぴり特別な方法で日本酒を作っています。

賀茂鶴酒造

というワケでやってまいりました、賀茂鶴酒造へ!

賀茂鶴酒造

こちら賀茂鶴酒造は、江戸の初期に始まりました。
そして、昭和33年に他社に先駆けて大吟造りの清酒を発売。その技術を確立した、全国トップクラスの酒蔵です。

さて、さっそくですが、杜氏さんの案内により、酒造りの現場を見学。

日本酒造り 蔵 木樽

日本酒は、精米から、洗米・浸漬、蒸し、麹造り、もとづくり、仕込み、絞り、火入れ、そして瓶詰め・・という、大変多くの過程を経て出来あがります。

日本酒 作り方 過程

↓ちなみにこちらは、一番良い酒に使う米。こんなに小さくなるまで精米するんですね。贅沢。

日本酒 米 精製

出来たばかりの日本酒を試飲されていただいたのですが、出来立てはちょっぴりシュワシュワとしていてスパークリングワインみたい。

さすが女酒と呼ばれるだけあり、やわらかく、甘口で芳醇。
その名の通り、女の人は絶対好きだと思うよ!広島の酒!

賀茂鶴酒造 商品

フルーティーな味わいは、日本酒をあまり飲まない人でも美味しくいただけるはず。

賀茂鶴酒造 商品

賀茂鶴酒造株式会社 詳細

本社・醸造蔵

〒739-0011 広島県東広島市西条本町4番31号
TEL 082-422-2121(代表) FAX 082-422-2300
E-mail:order@kamotsuru.co.jp

関連リンク

ネットショッピングはコチラ!賀茂鶴 オンラインショップ

*賀茂鶴さんのWEBは本当によくできていて、日本酒の基礎知識から、賀茂鶴のお酒が飲める首都圏店舗の案内など、見ごたえがあります。

また、賀茂鶴の楽しみ方のページも楽しい!
35-45WOMAN的には、スイーツとのマリア―ジュなどのコンテンツは必見ですよ!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

野菜ソムリエ ケイ

野菜ソムリエ、メディカルアロマセルフケアセラピスト講師などの資格を持つ独身女子。

さくらんぼ、いちじく、すだち、オリーブ、びわ、レタス、パクチーなどの各種ハーブ…とにかくたくさん自宅で栽培中!
最近は、自分で育てたかしわの葉っぱで柏餅を作りました♪

最近の記事

トカイ貴腐ワインビネガー バルーンデテ 沖縄 しゃぶしゃぶ 梅チーズトリュフ仕立て katan-top1 kuma-top1 アレクサンドル・シュテルン 小町通りの石畳 "水の国" 梅酒ヌーボー sat5 le-top1 satofuru1