マカロンで有名な「ラデュレ」のチョコレート専門店に行ってきたよ「Les Marquis de Ladurée レ・マルキ・デュ・ラデュレ」【特集:チョコを旅するパリ(6/30)】

ライター 野菜ソムリエ ケイ

パリ ラデュレ 店内写真

キャメ・マルキ

【特集:チョコを旅するパリ】第6回

パリ在住のジャーナリスト 角野恵子さんにアテンドしていただき、「パリに行ったら必ず立ち寄りたいショコラトリー」を訪ねます。


アイコンレ・マルキ・デュ・ラデュレアイコンル・ショコラ・アラン・デュカスアイコンジャック・ジュナン

この日訪れたのは、2012年末にオープンした、ラデュレチョコレート専門店Les Marquis de Laduréeレ・マルキ・デュ・ラデュレ)」アイコン

https://marquis.laduree.com/ja_int/

2013年には、日本のサロンデュショコラ(新宿伊勢丹などで開催される年に1度のチョコのお祭り)にて、初上陸を果たしているので、ご存じの方も多いかも?
「ラデュレがチョコを?!」と日本のファンにも驚きが広がった、と聞いた事があります。

というワケで、今日はそんな、レ・マルキ・デュ・ラデュレ訪問記をお届けします。

ラデュレ 板チョコ

スポンサーリンク

メトロに乗って、レ・マルキ・デュ・ラデュレへ

レ・マルキ・デュ・ラデュレは、かのヴァンドーム広場の近くにあります。

メトロ(地下鉄)のTuileries駅で下車、↓こーんな場所を歩きながらお目当ての場所へ。

レ・マルキ・デュ・ラデュレ 行き方

チョコレートの専門家ではない私、「へー!ラデュレにそんなお店があるなんてねぇ」と呑気にボヤボヤ訪れたのですが、入ってみてビックリ。

なんて素敵なショコラトリー!
今まで気にしてなかったなんて、もったいなかったな。

レ・マルキ・デュ・ラデュレ 行き方

ベネチアン・グラスのシャンデリアが飾られていたり、まさににおい立つような「美麗」な空間。

パリ ラデュレ シャンデリア

18世紀を再現したという内装は、それだけでも一見の価値があります。

パリ ラデュレ 店内写真

中央の長いショーケース部分には600キロの大理石が使われているんだとか。
そして、その中には、ボンボンショコラの他、ケーキ、マカロンなどが並んでいます。

チョコ専門店というだけあって、これらすべてにチョコレートが使われているんですって!
もちろんおなじみのマカロンにも。

レ・マルキ・デュ・ラデュレ 店長さん

という事で、店長さん(写真左)に色々と伺ってきたので、みなさまにもご紹介したいと思います♡

メゾン(ブランド)の顔!カメオを模したチョコレート「キャメ・マルキ」

まず注目したいのは、カメオを模した「キャメ・マルキ」。

「うちのメゾンの人気商品です。」と店長さん。

キャメ・マルキ 種類

現在、発売当時よりも種類が増えていて、

・男性(伯爵)の顔が彫られているモノには、バニラ味、キャラメル、ジンジャーなど、
・女性(伯爵夫人)の方には、バラ、ジャスミン、スミレなどの可愛らしいフレーバーが採用されています。

キャメ・マルキ 中身

↑シンプルなチョコかと思いきや、こんな風に、中にガナッシュ(チョコに生クリームを加えたクリーム)が入っていて、その食感も楽しい。

バラなんて、見た目も本当に愛らしくって、たまらない感じ♡

ラデュレ 箱 コレクション

ちなみに、こちらの商品のボックスもまた美麗で見逃せません。
箱目当ての人もいる、という話も納得。

おなじみの、伯爵のロゴ以外にも、白いレースのグローブや、上の写真のような「剣」モチーフのモノも。
いずれも立体的な装飾が施されています。どんだけこだわってるの!(笑)

ラデュレの箱 種類

とはいえ、やっぱりマカロンも美味しい

ショコラ専門店とはいえ、せっかくの「ラデュレ」ですから、当然マカロンもいただきます!

ラデュレ マカロン 種類

種類はこんな↓感じ。

繰り返しになりますが、もちろんすべて”チョコレートの”マカロンです。

ラデュレ ショコラ専門店 マカロン 種類

私は、まだこのメニュー表には記載されていないという新作、オレンジ味のものを1つだけ購入しました。(そして、その場で食べた!絶品!)

ちなみにこちらでは、基本、すべて1粒から注文することが出来ます。
お土産の他に、ウズウズとその場で試したくなったら、ぜひ1粒買いしてみてね♡

ラデュレ マカロン 種類

ケーキもぜひ

「チョコレートがお好きなら」と教えていただいたケーキが、この楕円型のタルトケーキ。

タルト生地のみならず、中のガナッシュやビスキュイなど、すべてにチョコレートが使われている逸品。
他にも色んな種類のケーキがあったので、ぜひチェックを。

Les Marquis de Ladurée おすすめケーキ

ハチミツ

最後は、ちょっと変わったプロダクトを紹介します!
このお店の中で、唯一チョコが使われていないのが、写真のハチミツ。

こちらもまた箱がなんともカワイイ上に、店長さんがわざわざ手に取って紹介してくれたので「おすすめなのかしら?」と、お買い上げ。
なんとコチラ、エコールミリテール(旧陸軍士官学校)の屋上で飼育された蜂由来のもの。

ガイドブックなんかでは、オペラ座のハチミツが良く紹介されていますが、それ以外にもあるんですね~。

ラデュレ はちみつ

今から開けるのが楽しみ!


というワケで、レ・マルキ・デュ・ラデュレ訪問記、いかがでしたでしょうか。

さまざまなプロダクトと非日常空間…本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
観光地から近い場所にありますし、みなさまも、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

Les Marquis de Ladurée アクセス 詳細

住所:14 rue Castiglione 75001 Paris
アクセス:メトロTuileries駅1番線 ヴァンドーム広場↓の近く
電話:01 42 60 86 92
営業時間:10:00~19:00(月~水)、10:00~19:30(木・金)、9:30~19:00(土)日曜休み

ヴァンドーム広場

最後にちょっとだけ。

他の方のブログを読んでいて「なるほど」と思ったことがあったので、最後にシェアしておきますね。

ラデュレのショッパー(紙袋)、とっても可愛くて持っている事自体を楽しみながらパリを歩きたいのはやまやまなのですが、「あ、日本人観光客だな」っていうのがすぐにわかるんだそうです。
数人で持っているととても目立ちますもんね。気にしすぎかもしれませんが、スリの団体などに狙われたらとても怖い。ショッパーは折りたたんでバッグなどにしまった方がいいかも♡

では引き続き、ボン・ヴォヤージュ!
次回は、チョコ好き垂涎の的、「アランデュカス」を訪ねます。

ラデュレ 板チョコ

パリ特集 人気記事一覧
パリ旅行 準備 持っていくものパリ旅行 注意点 マナーパリ 出国方法パリ おすすめチョコレート屋パリ おすすめバター お土産パリ旅行 グルメ 食品 おすすめパリ 手芸店 おすすめパリ旅行 コスメ おすすめパリ おすすめチョコレート屋女子旅パリ おすすめ スポットcomingsoon1comingsoon1

.
このほかの記事は、【特集:チョコを旅するパリ】トップページからご覧いただけます。

スポンサーリンク

鎚起銅器 ぐい呑み 新千歳空港 女子お土産 おすすめ サマンサタバサ 羽田空港限定 ご当地キットカット 富士山