石見銀山で栄えた豪族のお家を見てみよう!「津和野 堀庭園」

ライター ライフ☆スタイリスト 乃浬子 Noriko K.

掘庭園

松江から始まった「女子旅しまね」。

出雲大社や石見銀山など、島根の見どころをご紹介しながら西へ移動。
いよいよ、島根の最西エリア「津和野」に来ました。

実は津和野は、私が初めての一人旅で訪れた思い出の街。

あれから数十年の時を経て、今なお変わらぬ穏やかな風情で迎えてくれた津和野…いや数十年どころか、江戸~明治維新、幕末の息吹をそのまま残した、山陰の城下町~美しい小京都。

ということで、今日はそんな「津和野」の「堀庭園」についてお届けしたいと思います。

「堀庭園」へ

「堀庭園」は、平成17年7月14日、文化庁から名勝指定を受けた、300年の歴史を誇る奥津和野の名園です。

掘庭園

「あんないびと」等農(とうのう)さんに連れられて園内へ…

掘庭園

「堀庭園」のベストビューは

四季折々に丹精を込められた、大小3つの美しい庭…
特に素晴らしいのは、書院造りの建物「楽山荘」2Fから眺める中央庭園の眺めです。

掘庭園

かつての時代を思い起こさせるゆらゆらとした古いガラス戸の向こうに見える景色は…、

掘庭園

じゃーん。

掘庭園

向かって左手には季節を感じされる木々。

今でも豪族堀氏が栄えた時代の、その庭のすばらしさを感じる事が出来ます。

秋には紅葉…といった季節ごとの景色の移り変わりも、楽しみの1つ。

掘庭園

もちろん1F縁側からの眺めも素晴らしい。

掘庭園

お庭の景色を愛でながら、縁側でまったりとお抹茶を頂いて…
慌ただしい喧騒の中で過ごす日常がサラサラと洗われていくような贅沢空間です。

「堀庭園」アクセスデータ その他

住所:〒699-5622 島根県鹿足郡津和野町邑輝795
アクセス:バス:津和野駅から石見交通バス・町営バスの長野行き25分、堀庭園下車

電話:0856-72-0010

開館時間:9:00~16:00
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日が休み。)
入場料:一般 500円 中学・高校生 300円 小学生200円

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ライフ☆スタイリスト 乃浬子 Noriko K.

広告スタイリストを経て、ロンドン、NY でインテリア、ジュエリーコーディネーターを。
14年間の海外生活を通して世界の衣食住など文化やアートに触れ感性を磨く。

帰国後は乳がんや子宮筋腫などの経験も活かしつつ、個性を活かしたパーソナルライフスタイルが耀くための『ライフ☆スタイリスト』として、テレビなどで活躍中。

http://www.bonne-maturite.com/

最近の記事

ラインフレンズストア 原宿 店内の様子 台湾 文房具 tgt11 パネトーネ デコレーション risa-larson-top kariyazaki-top1 daf10p 目黒雅叙園 和のあかり dq-top satofuru1 オトナ女子美日和 6月24日よりオープン 石見神楽 亀山社中