京都 天橋立でお洒落グランピングを!「マリントピアリゾート」3施設オープン

ライター ホテル暮らし@旅ライターK

ブルードーム ダイニング

グリーンドーム京都天橋立 テント内の様子

京都 天橋立にてグランピング施設を展開する「マリントピアリゾート」が、2019年4月27日、計3施設をそれぞれグランドオープン、リニューアルオープンします!

今流行りのお洒落グランピングが楽しめる施設たちを、一足早く体験したライターが、1つ1つ詳しくご紹介♪

お友達をワイワイ出来る施設あり、プライベート感満載の施設あり、ペット同伴可の施設あり!

http://www.marinetopia.jp/

スポンサーリンク

森のグリーンドーム

まずご紹介するのは、小高い丘に位置し、丹波の自然を眺望できるグランピング施設「森のグリーンドーム」。

こちらはリニューアルオープンだそう。

京都グランピング 外の様子

その名の通り、グリーンのドーム型テントが並ぶ施設です。

グリーンドーム京都天橋立 テントの様子

こちらは貸し切りが可能で、今後、同窓会などの需要を考えているのだとか。

京都グランピング 外の様子

なるほど、孤立したそれぞれのスペース以外に、大きなパブリックスペースもあり、集まってワイワイするにはピッタリですね。

グリーンドーム京都天橋立 テント内の様子

さて、最も気になるテント内を拝見…

グリーンドーム京都天橋立 テント内の様子

ライターの第一声は、

「意外と広い!」

そうなんです。入室してみると、外観から想像するよりも、かなりゆったりとしたスペースに感じます。

入って右側に右手にベッド、正面が窓、

グリーンドーム京都天橋立 テント内の様子

そして左手には、湯沸かし器や食器、カトラリーが入った棚と、

グリーンドーム京都天橋立 食器類

冷蔵庫が。

京都グランピング マリントピア 冷蔵庫

さらにうれしいのが、エアコン。

寒さ、暑さ、心配なく過ごせます。テントは2重になっていて、室温のコントロールに不安はなし。もちろん音や風などにもかなり強そうです。

京都グランピング マリントピア 空調 エアコン

床には電源もあり、スマホなどの充電などもスムーズ。

グリーンドーム京都天橋立 電源

このあたりは、「さすが”グランピング“」!

通常のホテルに宿泊するのとなんら遜色なく、快適に過ごすことが出来ます。
水回りも完璧で、テント裏側には小さな小屋があり、

京都グランピング グリーンドーム トイレ バスタブ

中には、ウォシュレット式の水洗トイレと、バスタブ付きのシャワールームがあります。
驚くことに、国内ボタニカルブランド「Holly botanical」のアメニティまで用意されています。

京都グランピング グリーンドーム トイレ バスタブ

ガッツリ昭和生まれのライターからしてみると、キャンプ場での水量に関しては何かと不安になってしまうのですが、そういえばこのエリアは普通に電気も水道も通っているが故、いらぬ心配なのでした…。

マリントピア グランピング 食事

テントまわりを拝見した後は、食事つきプランで提供されるBBQも体験。
テント前のテラスのようなスペースがお食事処になります。

マリントピア グランピング 食事

海のあるエリアらしい、アワビやホタテの海鮮もたっぷりと。

マリントピア グランピング 食事

このほか、京都産黒毛和牛のステーキや厚切りタン…

同運営のレストランで燻製されたチーズを使ったチーズフォンデュや、ラタトゥイユ、アマダイのアヒージョなどのちゃんとしたお料理も本当に美味しい。バケットも「人気なんですよ」という言葉通りのレベルの高さ。

マリントピア グランピング 食事

これは一般的な”BBQ”のイメージを大きく超えます。

「屋外リストランテ」という言葉でイメージしていただいた方がわかりやすいかも。

ちなみにこちらの施設、人数が多くなるほどお得になるルームチャージ制を採用しているので、大人数で利用するのが吉。
基本貸し切り想定のようですが、個別での予約も可能とのことですので、詳しくは公式サイト、および予約サイトをチェックしてみてください!

森のグリーンドーム 公式サイト

「森のグリーンドーム」住所 アクセス他概要

住所:京都府宮津市日置3700

アクセス:<車>京都縦貫自動車道「与謝天橋立IC」より約20分
アクセス:<電車>JR東海道本線「新大阪駅」~「福知山駅」約1時間40分丹後鉄道「福知山駅」~「天橋立駅」約40分「天橋立駅」より送迎バス約30分

ブルードーム 京都天橋立

そんな、大人数ワイワイ型の「森のグリーンドーム」に対して、プライベート感満載でゆっくりと過ごすのに適しているのが「ブルードーム 京都天橋立」です。

ブルードーム京都天橋立

グリーンドームからは車でほんの数分の場所。
「真ん前が海!」という嬉しい立地です。海⽔浴ができるキレイな⼩松浜をプライベートビーチのように使えるのがメリット。

ブルードーム京都天橋立 外観

テントの中や水回りの快適さはグリーンドーム同様。

ブルードーム京都天橋立 テント内の様子

違いと言えば、より、オトナっぽい?テイストのインテリアで、カップルや静かに過ごしたい女子2人旅などを想定しているのかな?という感じ。
アメニティもロクシタンです。

ブルードーム京都天橋立 テント内の様子

テントの外には、白いガゼボデッキが施され、

ブルードーム京都天橋立 テラス

専用のBBQエリアは解放感を損なわないよう工夫してつくられた建物内に。

ブルードーム ダイニング

このあたりも、より大人向け?
雨の日も安心。グランピングの良いところどり、ですね。

ブルードーム京都天橋立 BBQルーム

個人的には、こっちに宿泊してみたいな~。
おすすめです!

ブルードーム 京都天橋立 公式サイト

「ブルードーム 京都天橋立」住所 アクセス他概要

住所:宮津市字日置3989-1

アクセス:<車>京都縦貫自動車道「与謝天橋立IC」より約20分
アクセス:<電車>JR東海道本線「新大阪駅」~「福知山駅」約1時間40分丹後鉄道「福知山駅」~「天橋立駅」約40分「天橋立駅」より送迎バス約30分

ドッググランピング京都天橋立

3施設目、最後にご紹介するのは、ペット連れのお客様のみ宿泊可能な「ドッググランピング京都天橋立」。

ドッググランピング京都天橋立 カラフルな小屋

こちらは「ブルードーム 京都天橋立」から徒歩で3分ほど。
同じく小松浜ビーチを借景にした立地です。

ドッググランピング京都天橋立

前2つの施設と違い、テントではなく、カラフルな小屋からなる施設。
↓細やかな部分も、ペット連れに快適なつくりになっています。ゲートもペットが出ていかないようしっかりしたモノでした。

ドッググランピング京都天橋立 犬が出ないゲート

宿泊する部屋もテントではなく小屋。

ドッググランピング京都天橋立 宿泊

室内は↓こんな感じ。
飾られた絵画やクッションが、犬モチーフになっているのがお洒落な気遣い。

天橋立 ペット同伴グランピング 室内の様子

御食事スペースは別建物内に。

ドッググランピング京都天橋立 内部の様子

ブルードームの白を基調とした室内と違い、ウッドのぬくもりを感じる空間がペット&家族と過ごすのにピッタリです。

天橋立 ペット同伴グランピング 室内の様子

水回り、そして室内の快適さもう言うまでもありませんよね(笑)
全2施設と同様です。

天橋立 ペット同伴グランピング テラス

ペットと一緒に広々と遊べるテラスも素敵!

「ドッググランピング京都天橋立」住所 アクセス他概要

住所:京都府宮津市字日置4271

アクセス:<車>京都縦貫自動車道「与謝天橋立IC」より約20分
アクセス:<電車>JR東海道本線「新大阪駅」~「福知山駅」約1時間40分丹後鉄道「福知山駅」~「天橋立駅」約40分「天橋立駅」より送迎バス約30分

詳細は、公式サイトでご確認ください♪

ドッググランピング京都天橋立 公式サイト

スポンサーリンク

ホテル オリエンタルエクスプレス 東京銀座 食事 naruto-top OMO5 神酒ノ尊コラボ プリンス バケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間 テラス ベランダ 龍名館東京 FORUS B -TOKYO SOHO- yura-hotel-top ブルードーム京都天橋立 テント内の様子 マリベル京都 大文字焼のボンボンショコラ タイ国際航空 機内食発表会 ホテルオークラ東京 星野リゾートOMO5東京大塚 朝ごはん ヴォロヴァン ダンデライオン・チョコレート京都東山一念坂店 店内の様子 林源十郎商店おすすめ商品