ビジュアル解禁!草彅 剛さん主演舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」再演詳細決定!

ライター 円 為子

草彅 剛さん主演舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」

2021年11月からの再演がすでにアナウンスされている、草彅 剛さん主演舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」。

本日9月27日に、その詳細が発表されました!

2020年初演時は神奈川のみでの上演でしたが、今回は京都・東京での公演も決定。また、新たに榎木 孝明さん、七瀬 なつみさんの実力派お二人が新たに座組に加わるなど、嬉しいお知らせも。

ビジュアル、公演日程・会場、チケット発売情報などまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

「アルトゥロ・ウイの興隆」の内容、あらすじ

2020年演出家・白井 晃さんが芸術監督就任中のプログラムとして創作された本作。今回、熱望されて再演となります。

本作品は、ヒトラーが独裁者として上り詰めていく過程をシカゴのギャングの世界に置き換えて描いた問題作に、ファンクミュージックを散りばめた斬新な演出で挑む白井さんの意欲作です。
草彅さんは、初演に続き、再びシカゴのギャングに扮し、エンターテイナーとしての魅力を爆発させます。

共演には、神保 悟志さん、渡部 豪太さん、松尾 諭さん、小林 勝也さんなどが続投。さらに今年「サンソン—ルイ 16世の首を刎ねた男—」で白井作品初参加となった榎木 孝明さん、2012年「幻蝶」以来9年ぶりの白井作品出演となる七瀬 なつみさんが、新たに座組に加わります。

劇中の音楽は、キング・オブ・ソウルと呼ばれるジェームス・ブラウンの楽曲を中心に構成され、オーサカ=モノレールによる生演奏です。

あらすじ

「こんなやつがかつてほとんど世界を支配しそうになったのです!/諸国民がやつを屈服させ、やつの主となりました。それでも/ここで勝利を喜ぶのはまだ早すぎます。/やつが這い出てきた母胎は、まだ生む力を失っていないのですから」 ~エピローグより~

シカゴギャング団のボス、アルトゥロ・ウイは、政治家ドッグズバローと野菜トラストとの不正取引に関する情報をつかんだ。それにつけこみ強請るウイ。それをきっかけに勢力を拡大し、次第に人々が恐れる存在へとのし上がります。
見る見るうちに勢いを増していくウイを、はたして抑えることができるのだろうか…?

「アルトゥロ・ウイの興隆」公演概要

2021年11月14日(日)〜12月3日(金)KAAT神奈川芸術劇場<ホール>
2021年12月18日(土)〜12月26日(日)ロームシアター京都 メインホール
2022年1月9日(日)〜1月16日(日)豊洲PIT

演出:白井晃
音楽・演奏:オーサカ=モノレール
出演:草彅剛 松尾諭 渡部豪太 中山祐一朗 細見大輔 粟野史浩 関秀人 有川マコト 深沢敦 七瀬なつみ 春海四方 小川ゲン 古木将也 ワタナベケイスケ チョウヨンホ 林浩太郎 Nami Monroe FUMI suzuyaka 神保悟志 小林勝也 榎木孝明

チケット一般発売日:10月23日(土)10:00~

https://arturoui-stage.com/

スポンサーリンク

fox capture plan Behind the LUX OUCHI BAR 吉沢亮さん、中条あやみさん初の合同インタビュー 城田優ミュージカル カーテンズ メインビジュアル sayoko-top 峯岸みなみ 村上淳 nakajima-top2 radiot0927c 草彅 剛さん主演舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」 「Alexandros」川上洋平 ミッツ・マングローブさん石田ゆり子さんのナチュラルメイクにビックリ「エリクシール 温感メイク落とし 新CM発表会」 g-opera2