明日海りお&戸田恵子コメント到着!「エリザベス・アーデン vs.ヘレナ・ルビンスタイン -WAR PAINT-」

ライター 35-45WOMAN編集部

「エリザベス・アーデン vs.ヘレナ・ルビンスタイン -WAR PAINT-

5月7日より上演いたしますミュージカル「エリザベス・アーデン vs.ヘレナ・ルビンスタイン -WAR PAINT-」。

エリザベス・アーデンを演じる明日海りおさんと、ヘレナ・ルビンスタインを演じる戸田恵子さんのインタビューが到着しました。

「エリザベス・アーデン vs.ヘレナ・ルビンスタイン -WAR PAINT-」は、化粧業界に革命を起こした二人の女性創業者の情熱と波乱の人生を描いたミュージカルです。

公式サイト

スポンサーリンク

役作りをする上で、それぞれの人物についても調べていると思いますが、そうしたリサーチの中で、エリザベスとヘレナはどんな人物だと感じていますか?

戸田さん:

とにかくお金持ち。化粧品会社の投資者として、かなりの財をなした人というイメージです。脚本を読んでも“成り上がった人”という印象は強く持ちました。
ただ、そうした成功がありながらも、人生としては不遇だったという描かれ方をしています。旦那さんや息子さんとうまくいかず、全てが成功した人生だったわけではないのかなと思います。

明日海さん:

田舎から出てきて、たくさんの苦労をしたのですが、物語がスタートする時点では事業が成功して、華やかな生活を送っています。今よりもずっと男女格差があった時代だと思うので、事業の立ち上げは本当に大変なことだったと思いますし、強い信念やプライドを持っている人なんだろうと思いました。
ただ、この作品に限らずですが、私は実在の人物を演じる時には、実際に起きたことにとらわれすぎず、台本を読み込むことの方が大事だと思っています。
あまりに演じる人物をリスペクトしすぎてしまうと、この作品で描かれている彼女のウィークポイントやチャームポイントを表現できなくなってしまう気がするんです。
なので、この作品やこのキャストならでのバランスを考えながら演じていきたいと思っています。

エリザベスとヘレナの生き方については、どう感じましたか?

戸田さん:

芯の強い二人なので、私が女優という仕事をしていくにあたっては共感するところはありますが、同調はしたくないですね。
とはいえ、二人が生きていた 20 世紀前半は、女性が活躍するのは本当に大変なことだったと思いますので、彼女たちの持つ意志の強さには憧れるものもあります。強い女性だなと思います。最後はすごく切ないですが。

明日海さん:

二人の女性が意地を張り合って、ライバル心を剥き出しにする姿は、ある種、気持ちがいいなと思います。私たちは今、あからさまに対抗心を出して挑むことってないじゃないですか。そうした気持ちがあっても、オブラートに包んであまり人に見せないことが多いと思います。なので、二人のやりとりは観ていて気持ちいいと思いました。
私もこうした仕事をしているので、彼女の持つ負けたくないと思う気持ちや、情熱を捧げる姿、最後まであがき続けようとする姿は羨ましくもあります。
エリザベスはきっと、「生きた甲斐があったな」と思って死んでいくんじゃないかなと感じました。

初共演となるお二人ですが、お互いの印象を教えてください。

戸田さん:

今回、ご一緒することが決まる前に、ドラマで(明日海を)観て名前を覚えていたんですよ。すごく印象に残る演技をされていて、お名前を調べたら明日海さんで。なので、ご一緒できるのがすごく楽しみです。
初めてお会いした時には、映像で拝見するよりも細くて華奢な方という印象でした。ナイーブで柔らかい方だったので、宝塚歌劇団で男役をしていた当時のカチッとした姿とのギャップが素敵だと思いました。

明日海さん:

私は幼い頃から、戸田さんの出演されていたドラマも映画もたくさん観させていただいています。ですので、今回、共演させていただけるのが本当に嬉しく、信じられませんでした。
お会いしたらすごく柔らかな方という印象を受けました。ブログなどを読ませていただくと、すごくフットワークが軽くていらっしゃるし、エネルギーに溢れている方だと思います。観劇もたくさんされているそうなので、今回の共演で、色々とお勉強させていただければと思います。

本作の見どころは?

戸田さん:

この作品は、あまりない珍しいミュージカルだと思いますので、たくさんの方に喜んでいただけたら嬉しいです。明日海さんはきっとこれからもたくさんの舞台にご出演されていくんだと思いますが、私はもうそれほどたくさんは出られないかもしれない。なので、この組み合わせも面白いと思います。
たくさんの女優さんがいらっしゃる中で、私を選んでいただいて、こうした作品に出演させていただけるのは奇跡だと思います。
ぜひ多くの方に楽しんでいただき、たくさん笑っていただける作品にしたいと思っています。

明日海さん:

エリザベスとヘレナは、違う場所にいながらも運命がリンクしていくという、素晴らしい脚本の作品。笑っていただけるシーンもありますし、女性たちに翻弄されていく男性たちもすごく面白い。おしゃれな世界観が広がるミュージカルですので、きっとたくさんの方に楽しんでいただけると思います。
戸田さんに負けないように頑張ります。

日程

東京公演:5月7日(日)~17日(水) 日生劇場

大阪公演:5月27日(土)~29日(月) 森ノ宮ピロティホール
名古屋公演:6月2日(金)~4日(日) 御園座
京都公演:6月8日(木)~13日(火) 京都劇場

公式サイト:https://warpaint.jp/
公式 Twitter:@warpaint2023

https://twitter.com/warpaint2023

スポンサーリンク

甘美なる誘拐 ポケモンスリープ1周年記念イベント 伊原六花さんとミャクミャク rent キャスト集合写真 ハロルドとモード 24年キャスト 天海祐希さん 晴れ風CM Aぇ! groupがデビュー後初新規広告!「Paltyで髪色Aぇ感じ!」 中村倫也さん「普通かい」篇 生田斗真さん 缶パカパーン im0708c フェラーリ 堂本光一さん 午後の紅茶「夏のアイスティースタンド」目黒蓮