高級原液をそのまま「生詰め」!次世代ヒアルロン酸「ダイナテラHR100」

ライター コスメマーケターAi

ダイナテラ

「大きい会社じゃないから、本当に効果のあるもの、本物を作らないと…」

そんな、株式会社DinaDinaがおくる、次世代ヒアルロン酸美容液「ダイナテラHR100」。有名雑誌などで取り上げられる機会も多いのでご存知の方も多いのでは。

ご存じない方は「今更ヒアルロン酸…?」なんて思っちゃうかしら。

いえいえ、これがすごいプロダクトなんです!というわけで今日は、コスメマーケターAiが、そんな「ダイナテラHR100」生ヒアルロン酸原液をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「ダイナテラHR100」の特徴

3種類のヒアルロン酸を配合。これがスゴイんです…!

今回ご紹介するダイナテラには、「ヒアルロン酸ナトリウム」そして、キー成分、目玉である「ヒアロベール」、「ヒアロリペア」という合計3種類のヒアルロン酸が配合されています。

皮膚表面にしっかりととどまり、洗い流しても潤いが続く「ヒアロベール」
そして「修復」という意味を持つ「ヒアロリペア」の2つが、この美容液を他社商品とは全く違うモノにしているのです。

ちなみに…原料メーカーは、マヨネーズでおなじみの大企業!30年研究した結果だそうですよ…!

ダイナテラ

角質層に染み込む美容液

もともとヒアルロン酸は水と相性がよい成分。言い換えれば、オイルとは相性が悪い…というのが常識でした。

ただ、今回採用されている次世代ヒアルロン酸は、なんと、水とも油とも親和性があるように作られています。

ゆえに、肌の中の油分水分どちらとも相性が良く、浸透しやすくなっています。

原料そのまま「生詰め」に!

さて、そんな次世代ヒアルロン酸の成分たちなのですが、皆様お気づきのとおり、原料は大変高価…。

しかし、冒頭に書いた通り「大きな会社でないだけに、本物を作らないと」という追及の元、今回のプロダクトも作られていますので、なんとコチラ、原料メーカーから届いたその原料そのまま、瓶詰めしています。
(*パウダー状の原液があるのでどうしても成分名に「水」が入るが。)

業界では、それを「生詰め」って言ったりするらしいです。

いかにも効果ありそうな響きがたまらない!!

ダイナテラHR100美容液

「ダイナテラHR100」を使ってみた

というわけで!取材にて提供いただいた「ダイナテラHR100」を実際に使ってみました。

浸透する美容液…といううたい文句通り、肌になじませるようにくるくるしていると、数十秒で皮膚表面がサラサラに。

ダイナテラ

「内側から潤う」という表現がありますが、まさにこれが…という使い心地です。

洗顔後すぐ使ってもいいですし、自分がいま使っている化粧水、美容液、クリームなどに混ぜて使っても良いそう!

ワックスに混ぜて髪の毛に使えば、ヘアケアにもなります。

朝晩使って1か月半。
決してお安いとは言えませんが、生詰め原液が6000円…なら、これ、買い!じゃないでしょうか。

気になっている方は、お安いうちにぜひ。

スポンサーリンク

FTCパーフェクト ラジカル ケア クリーム GG ブログでの口コミ image ビオデルマ イドラビオ モイストクリーム プレス発表会 テラクオーレ 2017 クリスマスコフレ hito-k-top1 activart5 エトヴォス スキンケア 成分 材料 kanako-rankakkumaku1 db-top1 「ラ・ピール プラス スムース クリア エッセンス チェルラーブリリオ te-uv3