驚!日焼け止めなのに夕方まで潤う?!花王「キュレル 潤浸保湿 UVエッセンス」

ライター コスメマーケターAi

キュレル キュレル 潤浸保湿 UVエッセンスとローション

キュレル 潤浸保湿 UVエッセンスの使い心地

1999年のローンチ以来、乾燥性敏感肌のユーザーから絶大な支持を得ている花王「キュレル」から、「潤浸保湿 UVローション」と「潤浸保湿 UVエッセンス」(医薬部外品)が2023年4月8日発売となります。

角層に存在する重要な保湿成分・バリア機能の主役「セラミド」をキー成分とした「キュレル」の新しい情報とあって、既存の愛用者以外からも多くの注目が集まりそう!
オンライン発表会に参加したライターが詳しくご紹介します。

「Curél」ブランドサイト

スポンサーリンク

「潤浸保湿 UVローション」「潤浸保湿 UVエッセンス」の特徴

保湿力向上の技術

セラミド機能成分に加え、肌に留まりやすい保湿成分を新たに配合。
夕方なで潤いが続く中身に!

発表会で伺ったところによると、使用すればするほどに水分量が大きく向上するというデータも出ているとのこと。
またそれにより、未塗布、21年発売の現行品と比較すると、キメの改善も見られたそうです。

花粉やほこりが付きづらい?!塗布技術による付着抑制効果

酸化亜鉛、酸化チタンなどを肌に均一に付着させるという技術にプラスして、厚みのある立体塗布膜を形成→マスクの擦れなどの物理的刺激まで抑制できるように。

これにより刺激敏感の改善も見られたそう。

肌負担を抑えた処方

消炎剤配合、セラミド機能成分配合、ノンケミカル処方。

乾燥性敏感肌の日焼け止めに求めている効果である、肌負担を軽くする中身になっています。

キュレル 潤浸保湿 UVエッセンスの使い心地

スポンサーリンク

リサージ ハイドロインパクト MOMOTANI HAPPINESS BEAUTE アルジタル 人気クリーム比較、セット アネッサ ゴールドシリーズ ディセンシア フローレス UVプロテクターの使い心地 カルテHD スプレー式保湿剤 shiseido1014top ブライトモイスチャライジング カモミールクリームのテクスチャ アルジタルのグリーンクレイ商品 メディショット NA15リンクル濃美容液 キュレル 潤浸保湿 UVエッセンスの使い心地 activert SC カラーコントロールクリーム テクスチャ