堂本光一さん「Endless SHOCK」終幕についても語る!マイケル・マン監督最新作×アダム・ドライバー主演「フェラーリ」先行試写会

ライター 35-45WOMAN編集部

堂本光一さん 試写会登壇

トップアイドルであり、テレビや舞台での活躍など日本のエンターテインメントを牽引してきた堂本光一さんが、2024年6月24日に開催された、マイケル・マン監督最新作×アダム・ドライバー主演「フェラーリ」の先行試写会に登壇。

「フェラーリ好きにとっては真髄に迫れる」と絶賛した本作の魅力、そしてマニアックな「フェラーリ」の話題まで熱く、深く、たっぷりと語りました。

スポンサーリンク

堂本さん登壇!思い語る

舞台に現われた堂本さん、この日は堂本さんファンも多く詰めかけていたため、会場を見回し

「(本作の凄さについて)たぶん、お前らにはわからん!だってフェラーリに興味ないだろう?」

と毒づき、まずは会場を沸かせます。

そして映画「フェラーリ」について、

「ワクワクして見たけれど、想像とは違った内容で驚きました。フェラーリというと、煌びやかでレースにも強くて…という世界観をイメージしがちだけれど、決してそれだけではないことを実話として描いています。見たらビックリするはず!」

と興奮した様子で語ります。

また、コメンダトーレとして出演した15秒テレビCMが上演されると、

「ホンマに感想を言っているだけ…」

と苦笑いしつつも、

「アダム・ドライバーがエンツォ・フェラーリに似ているし、役者の皆さんが素晴らしくてマイケル・マン監督が描きたかったことも色々な角度から見られる。車の美しさもさることながら、人間模様を大事にした映画です。」

と宣伝コメンダトーレとしての映画をPRも忘れません。

堂本光一さん 試写会登壇

実は、自身でもフェラーリ430スクーデリアを所有しているという堂本さん、

「鉄板剥き出しでエンジンの振動も響くし、乗るには気合のいる車です。乗るたびに“お前、乗れんのか?”と試されているようで、でもそれが心地よいです。どちらかと言うと僕はM気質なので」

というプライベートの話も。

フェラーリはレースに勝つために乗用車を売っている会社だ、として、

「そんなことをしているのはフェラーリのみ。だから僕も頑張って乗っています。わけのわからないところがしょっちゅう壊れたりするけれど、それでもいい。F1でフェラーリが勝つと“俺の資金がそこにいってるやん!”と、そんな気持ちになれるから」

とMならではのマインドでフェラーリへの愛も語ってくださいました。

堂本光一さん 試写会登壇

情熱をささげている事は?

次いで、映画にちなみ「情熱を捧げている事は?」と問われた堂本さんは、作・構成・演出・主演を担当する舞台「Endless SHOCK」を挙げて

「そこに命を捧げてきたのは間違いないです」

とキッパリ。今年終幕が決まっている同舞台について

「いつも通りやるのが大事。いつも通り稽古に情熱を注いで、本番もいつも通りやる。でもいつもどおりは難しいです。ミスは毎日起こるのでどこをどう修正していくのか、そこが大事」

と実感を込めていました。

「フェラーリ」について

「フェラーリ」は、F1界の“帝王”と呼ばれた男、エンツォ・フェラーリの情熱と狂気を圧倒的熱量で描く衝撃の実話で、1957年、59歳だったエンツォの波乱と激動の1年を描いています。

元レーサーにして、カーデザイナー、そして自ら立ち上げたフェラーリ社をイタリア屈指の自動車メーカーへと成長させた稀代の経営者エンツォ・フェラーリ。
ですが実は、その私生活は謎に包まれ、1988年に亡くなってから現在まで、多くの毀誉褒貶に晒され続けています。

ストーリー

1957年。イタリアの自動車メーカー「フェラーリ」の創始者エンツォ・フェラーリは激動の渦中にいた。
妻ラウラとともに設立した会社は経営の危機に瀕し、1年前の息子ディーノの死により家庭は破綻。その一方で、愛するパートナー、リナ・ラルディとの間に生まれた息子ピエロを認知することは叶わない。再起を誓ったエンツォは、イタリア全土1000マイルを走る過酷なロードレース“ミッレミリア”にすべてを賭けて挑む——

公式サイト

スポンサーリンク

甘美なる誘拐 ポケモンスリープ1周年記念イベント 伊原六花さんとミャクミャク rent キャスト集合写真 ハロルドとモード 24年キャスト 天海祐希さん 晴れ風CM Aぇ! groupがデビュー後初新規広告!「Paltyで髪色Aぇ感じ!」 中村倫也さん「普通かい」篇 生田斗真さん 缶パカパーン im0708c フェラーリ 堂本光一さん 午後の紅茶「夏のアイスティースタンド」目黒蓮