自分の皮膚から・・・美肌菌バンクという究極のバイオスキンケアサービスが人気!

ライター コスメマーケターAi

美肌菌バンクとは?

仕事柄、いろんな工夫をし開発されたスキンケア商品を目にして、その都度「ついにここまで来たか・・・!」と驚いていた私なのですが・・・

それらとはちょーっとレベルの違う、〝まったく新しいバイオスキンケア”と謳われるサービスを取材して参りました。

これは絶対に絶対に、35-45WOMAN世代のみなさまに知ってほしい!その名も、美肌菌バンクというサービスについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

美肌菌バンクとは?用語解説とサービスの流れ

美肌菌とは?

まずは、美肌菌とは?というお話。

美肌菌は、肌に存在する皮膚常在菌の一種で、和名を表皮ブドウ球菌というもの。
汗や皮脂をエサにして、肌の保湿や弱酸性化に重要なグリセリンなどを産生する菌のことです。

過去、NHKあさイチで紹介され、美に敏感な女性の間で話題に。

美肌菌バンクとは?

そして、今回ご紹介している美肌菌バンクというサービスの概要。

まず、顔の皮膚から菌を採取し、その中から肌に良いとされる“美肌菌(表皮ブドウ球菌)”を抽出して培養、凍結保存。
→その後、凍結乾燥機にて凍結乾燥粉末(パウダー状)にし、オーダーメイド・バイオスキンケア 美肌フローラ(スキンケア商品として自宅に届く)を作るという仕組みのサービス。

というワケで、実際にその流れを写真とともに追って説明していきましょう。

美肌菌バンク 体験者

さて、今回取材させていただいた方はM.Sさん(女性/48歳)。

このサービスのことをインターネットで知ったという彼女。

「すっぴんで会社に行ってみたい」「ジーンズにTシャツみたいなシンプルな恰好でも様になるような美肌になりたい」というような素敵な夢をお持ちでした。(今のままでもとても素敵な人なのだけど。)

サービスの流れ

1.予約した採取会場(現在は東京都の中央区、千代田区のみ)にて、研究員さんに菌を採取してもらいます。

採取自体はほんの2~3分で終わります。

美肌菌バンク 採取の様子

2.その後、担当の人からサービスの流れを説明があります。

美肌菌BANK 説明

3.持ち帰られた菌は、培養され、さらに選抜されます。
選抜した菌をさらに培養し増加させます。

美肌菌バンク 試験管

4.そして美肌フローラ↓(個別包装の小瓶のスキンケアアイテム)が完成!

パウダー状態になっているので、専用のローションなどに混ぜ使います。
使用は週2回が目安。

美肌菌フローラ 実物

費用

①育菌化粧品(化粧水、美容液、乳液のセット) 29,400円
②美肌菌採取費用 150,000円
③美肌菌戻しキット(6か月分) 350,000円
④美肌菌管理費用(年間) 52,500円

初めてのお客様 ①+②+③+④(1年間に1度)
継続購入のお客様 ①+③+④(1年間に1度)

*一度、美肌菌を採取すれば、その菌はサービス提供側に保管(だから、美肌菌”バンク”)されます。なので、2回目からの美肌菌フローラの購入時には、採取の作業(もちろん費用も)は必要ありません。

今後の予約状況は?

こちらのサービス、開始と同時に予約が殺到、2014年2月現在、1か月先まで予約が埋まっているそうです。
はっきりとした予定はわからないそうなのですが、2014年3~4月?くらいのタイミングで予約しやすくなるのでは?というお話でした。

余談ですが、取材したところによると、なんと、一番最初のお客様は宮崎から飛行機でいらっしゃったとか。
でも、35-45WOMAN的には、その気持ち、とてもよくわかる・・・サービスの内容に納得できれば、美肌のためにお金に糸目をつけないという姿勢・・・!

他のスキンケアとは全く違った効果が期待できそう!というのはもちろんのこと、”自分の皮膚”からのモノなのでなんだか安心だよね~、なんて事も、言うまでもないメリットですよね。

この仕組み、全く新しいサービスゆえに、WEBの説明がとても丁寧です。
気になる方はとにかくオフィシャルサイトで詳細をチェックしてみて!

美肌菌バンク 詳細&お申込みはこちらから

将来的には自宅で採取できるキットのような形の展開も考えている、との事。楽しみですね。

スポンサーリンク

FTCパーフェクト ラジカル ケア クリーム GG ブログでの口コミ hito-k-top1 kanako-rankakkumaku1 ilg-top daf10p 金の美容効果とは 耳つぼジュエリー 体験記 炭酸パック おすすめ商品 フェヴリナ 炭酸ジェルパック ブログ サイビーとは bihada-kin111 フラクションレーザー 写真 比較