堂本光一さん出演 特別WEBCM解禁!衝撃の実話作品「フェラーリ」について熱く語る

ライター 35-45WOMAN編集部

フェラーリ 堂本光一さん
2023 MOTO PICTURES, LLC. STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

今週7月5日(金)より全国公開となる、マイケル・マン監督最新作×アダム・ドライバー主演、衝撃の実話作品「フェラーリ」。

この度、本作の宣伝コメンダトーレを務める堂本光一さん出演の特別WEBCMが解禁となりました!
前回ご紹介した先行試写会でも、熱く、深く、その魅力をたっぷりと語った堂本さんですが、今回解禁となったWEBCMでも、本作への熱い想いを語っています。

【関連記事】堂本光一さん「Endless SHOCK」終幕についても語る!「フェラーリ」先行試写会レポ
【関連記事】堂本光一さん、エンツォ・フェラーリ衝撃の実話「フェラーリ」の宣伝コメンダトーレに就任

スポンサーリンク

堂本さん思い語る

動画では、フェラーリが疾走するシーンから、

「しびれましたね」
「フェラーリが大好きなので!」

という堂本さんの言葉でスタート。

「あの時代の音っていうのは、もう現代においては出ない音だし、車体にしてもエンジン音にしてもかなりこだわってリアルを再現されたんだなと伝わってきました」

と本物を徹底的に追及する巨匠・マイケル・マン監督の手腕をフェラーリファンならではの視点で解説します。

「売るために走るんじゃない、走るために売るんだ。」
「フェラーリという車は世界中類を見ない車だなと。」

と熱い想いを語り、

「人間模様も濃く描かれていて、車好きの人にも、映画好きの人にも、本当に幅広く楽しめる映画なんじゃないかな」

と人生の全てをレースと車に捧げたエンツォ・フェラーリの情熱と狂気のドラマに深く共感。最後には、

「(フェラーリは)車というものを超えた、情熱や命、いろんなものが集まった結晶だと思うんですよね」

と“フェラーリ愛”たっぷりに締めくくる映像となっています。

「フェラーリ」について

「フェラーリ」は、F1界の“帝王”と呼ばれた男、エンツォ・フェラーリの情熱と狂気を圧倒的熱量で描く衝撃の実話で、1957年、59歳だったエンツォの波乱と激動の1年を描いています。

元レーサーにして、カーデザイナー、そして自ら立ち上げたフェラーリ社をイタリア屈指の自動車メーカーへと成長させた稀代の経営者エンツォ・フェラーリ。
ですが実は、その私生活は謎に包まれ、1988年に亡くなってから現在まで、多くの毀誉褒貶に晒され続けています。

ストーリー

1957年。イタリアの自動車メーカー「フェラーリ」の創始者エンツォ・フェラーリは激動の渦中にいた。
妻ラウラとともに設立した会社は経営の危機に瀕し、1年前の息子ディーノの死により家庭は破綻。その一方で、愛するパートナー、リナ・ラルディとの間に生まれた息子ピエロを認知することは叶わない。再起を誓ったエンツォは、イタリア全土1000マイルを走る過酷なロードレース“ミッレミリア”にすべてを賭けて挑む——

公式サイト

スポンサーリンク

甘美なる誘拐 ポケモンスリープ1周年記念イベント 伊原六花さんとミャクミャク rent キャスト集合写真 ハロルドとモード 24年キャスト 天海祐希さん 晴れ風CM Aぇ! groupがデビュー後初新規広告!「Paltyで髪色Aぇ感じ!」 中村倫也さん「普通かい」篇 生田斗真さん 缶パカパーン im0708c フェラーリ 堂本光一さん 午後の紅茶「夏のアイスティースタンド」目黒蓮