【雅叙園】3万円?!だけど毎年一番人気のクリスマスケーキを取材してきました

ライター 野菜ソムリエ/チョコレートライター ケイ

雅叙園 クリスマスケーキ23

東京都指定有形文化財「百段階段」を有する日本美のミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」にて、2023年のクリスマス商材発表会が開催されました。

2023年10月1日より、PATISSERIE「栞杏 1928」にて予約受付を開始するケーキたち…

生野剛哉シェフ 雅叙園

ペストリー料理長の生野剛哉シェフのお話や、一番人気だという「玉手箱」を中心に、一足早くご紹介します!

スポンサーリンク

お値段3万円…!「玉手箱」って?

今回ライターが一番惹かれた「玉手箱」。

雅叙園がかつて「昭和の竜宮城」と謳われていたことにインスパイアされ創られた玉手箱デザインのケーキで、箱まで食べられる…という特別なもの。
箱は、ホテル内を飾る組子細工をモチーフにしています。繊細…!

雅叙園のクリスマスケーキ 玉手箱

2重になったその中身は、生野シェフが27年間作り続けているというシグネチャースイーツを含め、人気、おすすめのスイーツがぎゅぎゅっと詰められています。

ーの重

プティガトー3種 (シシリアン/フルリール/栞杏)、手毬チョコ、結晶ボンボン、オレンジショコラ、季節のフルーツ、パウンドケーキ2種(北欧紅茶/胡桃シナモン)、ステッキチョコ

雅叙園のクリスマスケーキ 玉手箱の中身

二の重

嘉山農園の苺ショートケーキ

完熟するまでに摘まずに置いていた特別なとちおとめの、イメージよりもはるかに上の素晴らしい香りを楽しむことができます。

嘉山農園のとちおとめを使ったショートケーキ

限定10台という希少感も手伝ってでしょうか、贅沢なお値段ながら毎年早い段階で売り切れになってしまうとのこと、気になる方はお早めにチェックをば。

もちろん新作にも注目を!

そして新作も。

今年は、「抹茶かのこ」「オレンジ・ノワゼット」「フロマージュ・フィグ」「フレーズ・柚子」の4商品が登場します。

「ちょっと和のテイストも気になる…」という方におすすめなのが「抹茶かのこ」と「フレーズ・柚子」。

「抹茶かのこ」は、抹茶の他、酒粕、栗羊羹を使い、和の味わいをケーキに落とし込んでいます。
意外なほどシッカリとした酒粕の香りと、土台にした黒豆のケーキの存在感、柔らかな抹茶ムースのバランスが絶妙です!

そして「フレーズ・柚子」は、見た目は完全な洋菓子なのに、白餡を使用していて、食べてみるとどこか和の雰囲気があります。

(その他ケーキ、特にチョコレートに関するケーキについては姉妹サイト「チョコレート大事典」で詳しく書きます!)

雅叙園 クリスマスケーキ23

予約方法について

予約期間

2023年10月1日~12月17日

お渡し期間

2023年12月22日~12月25日

受け取り場所

ホテル雅叙園東京 1階 PATISSERIE「栞杏 1928」

予約方法

10月1日より、店頭または Web、電話にて。支払いも、WEB、店頭にて。

詳しくは公式サイトのお知らせページをご確認下さい。

ホテル雅叙園東京の雰囲気

スポンサーリンク

やわもちアイス 2024年リニューアル ch0216a pm012203 amds0109a misdo-godiva2024h vg1212a エシレのフェーヴ cakejp1129a ボジョレーヌーヴォー23 gouter41 トースト専用ブラックサンダー サダハルアオキ クッキー缶