ワインに日本酒!葡萄にイチジク…変わり種生チョコ「cacao」のバレンタイン商品をご紹介

ライター 野菜ソムリエ ケイ

2020 Valentines new collection「Garden」

cacao バレンタイン2019

【追記】2020年2月15日時点、まだ、ベルガモットの在庫があります!【追記終わり】

鎌倉発のアロマ生チョコ専門店「ca ca oカカオ)」。

コロンビアのオリジナル農園で栽培されたカカオ豆を使用した「ファームto生チョコ」のチョコレートブランドです。

さて今回、そんな「カカオ」のバレンタイン商品の取材に伺う機会を得ました。

スポンサーリンク

そもそも「ca ca o(カカオ)」ってどんなブランド?

「カカオ」は、「日本人の日常にチョコレートを」という思いから、2015年4月、日本の文化都市 鎌倉に誕生したブランド。

主役はあくまで「カカオ豆」。ショコラティエの存在を前面にアピールしていないのも大きな特徴です。

cacaoの生チョコ

メインのスイーツは、”欧米人と比較して、唾液量が少ない日本人のために開発した”水分量の多いアロマ生チョコ小町通りの石畳 」。

日本酒やフルーツ、様々な素材が使われ、その種類は年々増えています。

cacao 石原社長

海外初の「コロンビア・カントリーブランディング」ロゴ認定ブランドです。

cacao コロンビア大使館

2020年のバレンタイン向けスイーツ 大公開!

2020年バレンタイン商品は「Garden」と名付けられたコレクション。

2020 Valentines new collection「Garden」

代表 石原さんが日本中をめぐって出会った花、ハーブ、フルーツを使用し、 “相手を想いながらブーケをアレンジするワクワク感”や、”受け取った時の幸福感”をチョコレートに込め作られました。

cacaoの生チョコ

ビジュアルは、書家の中塚翠涛さんが和のブーケをイメージしてデザイン。
(「中居正広の身になる図書館」の「美文字大辞典」のコーナーで講師をされてた美人な先生ですね!私よく見てました。)

思わず全種類買いそろえたくなる美しい見た目…。
しかもこのバロタン、紙製ではなくって、割としっかりした木?製。もったいなくってとてもじゃないけど捨てられない(笑)

ベルガモットの生チョコ

7種中、ライターのお気に入りは「BERGAMOT(ベルガモット)」でした!

2019年のバレンタイン向けスイーツ 大公開!

既存の人気商品だけでなく、2019年新作、注目の商品をピックアップ。

小町通りの石畳 ボンジュール(ワイン)

まずご紹介するのが、caca0の社長 石原さんが一番好きだという「ボンジュール」。

赤ワインとビターチョコを合わせた生チョコで、ミニマムモダンを表しているそうです。

cacao バレンタイン2019

小町通りの石畳 サーフ(シーソルト・海塩)

こちらは、「サーフ」と名付けられた天然海塩が使われたもの。

コロンビア大使であり、美食評論家の中村孝則氏のイチオシ。

cacao バレンタイン2019

「ワイン、シャンパン、モルトなどと合わせて食べたい!」と中村さん。

小町通りの石畳 パッション

こちらは既存のフレーバーから。フラミンゴのパッケージがお洒落で昨年好評を博したのは、南国フルーツ パッションを使った甘酸っぱさが楽しいいっぴん。

鎌倉カカオ 2018バレンタイン新作

クリーム系に合わせると抜群に相性がいい果物として選ばれたパッションは、カカオ45%のチョコレートを使って。
パッションフルーツのフレッシュさも再現されていて、フルーツ好きの人も満足するお味だと思います。

小町通りの石畳 フランボワーズ

こちらもパッション同様、昨年人気のフレーバー。
「カカオ イチオシのフレーバー」として華々しくデビューしたモノです。

ホワイトチョコベースで、その色合いもバレンタインにピッタリの愛らしいカラー。果肉感もあり、こちらもやはりフルーツ自体が好きな人も満足するはず。

フランボワーズの生チョコ

小町通りの石畳 雪男

こちらもまた言わずと知れた既存の人気商品。さまざまな種類の日本酒が使われてきましたが、味と、そしてそのキュートなイラストが注目され、特に人気なのが「雪男」です。創業 300年を迎える青木酒造とコラボしています。

辛口ですっきり、キレのある雪国のお酒はチョコレートとの相性抜群。

日本酒(雪男)の生チョコ

この、発酵食品の1つ「sake」を使ったものは、本場パリでも好評。

治一郎とコラボ!バウムクーヘン

そして、最後にご紹介するのが、なんとあの、静岡の「治一郎」とコラボしたバウムクーヘン。

cacao 治一郎バウムクーヘン

社長の太田雅之さんは、「なぜcacaoとコラボを?」の問いに、「カカオとチョコを食べたときすごく感動したから。という単純な理由なんですよ」と回答。

また、個人的にもチョコが好きで、いつか、チョコに関わりたいと思っていたとも語ってくださいました。

チョコを入れる事でかたくなってしまう生地に悪戦苦闘し、バターをカカオバターに転用するなど試行錯誤の末、完成したのが今回の新作です。ぜひご賞味を。

cacao バレンタイン2019

というワケで、いかがでしたでしょうか。

後味すっきり、水分たっぷり!の日本のチョコレートスイーツ。ぜひ体験してほしいです。

これらバレンタイン商品は実店舗の他、東京で開催されるサロンデュショコラ、梅田阪急、名古屋高島屋などで販売されます。

詳細は、オフィシャルサイトにて。

「ca ca o(カカオ)」店舗情報

店舗は鎌倉本店の他、ルミネ新宿、大船ルミネウィングにあります。
(ニュウマン店は閉店していますのでご注意を。)

カカオ 鎌倉店

鎌倉店

鎌倉cacao 新宿ルミネ店

ルミネ新宿店

詳細は、オフィシャルサイトにて。

参考:日本酒「アロマ生チョコレート」が人気!鎌倉発チョコ専門店「ca ca o」|チョコレート大事典

スポンサーリンク

ドラゴンポテトをアレンジしたクリスマスプレート ジャン=ミッシェル・モルトロー JEAN-MICHEL MORTREAU パルミジャーノ・レッジャーノを使ったカブのサラダ ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020 飲み比べ パルミジャーノ・レッジャーノ お料理 アドリアンデュブッフ・ラコンブ クラフトボス 紅茶シリーズ ミニカップ『ショコラトリュフ』 フルムダンベール:FOURME D’AMBERT フレシネ コルドン ネグロ フレンチチーズウォークin 中目黒X企業コラボ東京プロジェクト ガメ種