採れたての苺やチェリーにかぶりついたみたい!2021年ボジョレーヌーヴォーおすすめ2本

ライター ライフスタイリスト乃浬子 Noriko K.

サントリー ボジョレーヌーヴォー2021

美食の街リヨンにほど近いブドウの産地で作られる「ボジョレーワイン」。

その新酒は「ボジョレーヌーヴォー」として、日本でも毎年話題になっています。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2021

今回は、そんなボジョレーヌーヴォーを世界に広めた事で知られるジョルジュ デュブッフ氏のお孫さんであるアドリアン デュブッフ・ラコンブ氏に、同社の2021年「ボジョレーヌーヴォー」についてお話を伺いました。

ジョルジュデュブッフ社 製品ラインナップ

スポンサーリンク

そもそも「ボジョレーワイン」とは?

…とその前に、まずは「ボジョレーヌーヴォーって?」というお話を簡単に。

「ボジョレーワイン」の「ボジョレー」は、美食の街で知られるリヨンからほど近い場所にあるブドウの産地

つまり、「ボジョレーワイン」とは、「ボジョレー地区で育ったブドウから作ったワイン」…という事になります。

ガメ種

そして「ボジョレーヌーヴォー」は、その年に収穫されたぶどうからつくられる新酒のこと。11月の第三木曜日(今年は18日)が解禁日で、日本では、時差の関係で本家のフランスよりも早く解禁を迎えることから特に人気があります。

おすすめを試飲してみた

…という事で、アドリアンさんの自信作から2本、

・ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー2021
・ジョルジュ デュブッフ オレンジヌーヴォー2021

を試飲させていただきました。それぞれご紹介します。

アドリアンデュブッフ・ラコンブ

ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー2021

「春先の不安定な天候のおかげで、例年にも増して手をかけ甘やかして育てあげた結果、糖分と酸味のバランスがとれた出来の良い物になりました。」とアドリアンさんが語る「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー2021」。

まるで採れたてのいちごやチェリーにそのままかじりついたような味わいと、シルクのように優しいタンニンを持つ、ボジョレーヌーヴォーらしいDNAが詰まった1本。

色はしっかりとしたバーガンディ色。
あとから様々なフローラルのアロマが追いかけてきて鼻孔に広がります。

サラミ、チーズと一緒に。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2021

ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー 2021

※本商品も新酒ですが、ボジョレー地区のぶどうを使っていないため「ボジョレーヌーヴォー」ではありません

白ぶどうの果皮や種を果汁と共に発酵してつくられたオレンジワイン。昨年に続き人気が出そうなオレンジヌーヴォーは、昨年の杏のようなシッカリした味わいの物から、今年は華やかな印象の1本に。
白ワインと赤ワインのいいとこどり、というイメージの味わいで、甘い香りとホロ苦い、グレープフルーツのようなかんきつ系のアロマと、生姜やコリアンダーシードや中国茶のような風味もあります。

ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー 2021

アドリアンさん曰く「普段は飲まないタイプのワイン、色も綺麗だし、すごくスペシャルなもの。」

パッタイなどアクセントがきいたお料理や、甘辛いチキンのから揚げなどにもあうそうです。

サントリー ボジョレーヌーヴォー2021

その他、シャルドネの果実味あふれる爽やかな辛口「マコン・ヴィラージュ ヌーヴォー 2021」、華やかな色合いが人気のフルーティな辛口ロゼ「ボジョレー ロゼ ヌーヴォー 2021」もおすすめとの事。

詳細、お取り寄せはコチラのページから確認できます。
それでは素敵な解禁日を~!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2021 Bouchon Family Wines Wines of Chile グランドテイスティング 【プレミアムチリワイン試飲会 サントリーワインサワー350ml缶(辛口ロゼ) fox capture plan GREEN1/2(グリーンハーフ ビールに合うおつまみとは 糖質オフ シャトレーゼ hakushu3 tottori-amazake5 ram0611f zima-top