今年は新しい楽しみ方で!「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020」飲みました

ライター 35-45WOMAN編集部

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020

2020年 ボジョレーヌーヴォー解禁

新型コロナウイルスの流行により、ベランピングや家飲みなど、例年とは違う形での楽しみ方になった人も多いんじゃないでしょうか。

「そもそもボジョレーワインとは?基本のキ」はコチラから。「アドリアン デュブッフ・ラコンブさんインタビュー」はコチラから)

さて、本サイトでは既報通り「ジョルジュ デュブッフ」社のボジョレーヌーヴォーを楽しみました。

スポンサーリンク

楽しんだのはこの2本!「ジョルジュ デュブッフ」社おすすめ

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020 飲み比べ

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020

まずは写真右、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020」から。

こちらは、軽やかでフルーティな味わいです。ボジョレーヌーヴォーならではの飲みやすさ。

そして、同社輸出部長アドリアン デュブッフ・ラコンブさんの「一言でいうと『太陽』のヌーヴォーです。」の言葉通り、例年と比較すると甘みが強く濃厚な印象もあります。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー 2020

ボジョレー地区中でも、特に良質のぶどうが採れるボジョレー・ヴィラージュのヌーヴォー。

濃密でなめらかな味わい…華やかでありながら、繊細な香りと味わいです。ワイン好きの方はコチラを!

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020 飲み比べ

その他、2020年ボジョレーヌーヴォー おすすめ商品

この2本の他にも、多数のラインナップ。
前述のアドリアン デュブッフ・ラコンブさんが特におすすめするのが以下3本です。

ボジョレー ヌーヴォー 2020 ラ・ロズレー

デュブッフ社自社畑ぶどうを100%使用し、フルーティで軽やかな味わいのボジョレーヌーヴォーです。「ラ・ロズレー」とはフランス語で「バラ園」という意味。デュブッフ社の自社畑にバラが植えられたことから名付けられました。デュブッフ氏の功績への感謝の意味を込めて、2020年日本限定発売です。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020 オーガニック

有機栽培ぶどうからつくられたオーガニックヌーヴォーです。果実の繊細な香りとフルーティでまろやかな味わいが凝縮された1本です。

ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー 2020

ジョルジュ デュブッフ社の挑戦、今話題のオレンジワインを新酒でお届けします。今年収穫されたぶどうのフレッシュな爽やかさの中に、花や果実のような⾹りが感じられます。グルナッシュブラン種とシャルドネ種のブレンドになります。

詳細、お取り寄せはコチラのページから確認できます。

スポンサーリンク

缶入りスパークリングワイン「ボッリチーニ スパークリング 白」「ボッリチーニ スパークリング ロゼ」 shizune10 長谷川博己「スプリングバレー発売記念発表会」 キリン本絞り 四季柑 飲んでみた のんある晩酌レモンサワー コンテチーズと日本酒のマリアージュ SPRING VALLEY 豊潤<496> 濃縮コーヒーを使ったモクテル サントリーウイスキーリモート蒸溜所ツアー リニューアルした金麦を飲んでみた ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020 飲み比べ アドリアンデュブッフ・ラコンブ