そもそも「ボジョレーワイン」って?ヌーヴォー解禁前に知っておきたい基本をおさらい!

ライター ライフ☆スタイリスト 乃浬子 Noriko K.

ボジョレー飲み比べ

2020年は、11月19日が解禁日となる「ボジョレーヌーヴォー」。

今年はイベントでワイワイ!というよりは、お家でゆっくり…なんて楽しみ方になるでしょうか。
いずれにせよ待ちわびている方は少なくないハズ。

…という事でこの記事では「そもそもボジョレーワインって?」というお話をまとめてみたいと思います。
と共に、来たるヌーヴォー解禁日を前に、ヌーヴォー(新酒)ではないボジョレーワイン(通年商品)の試飲レポも併せてお届けします!

スポンサーリンク

「ボジョレーワイン」とは?

「ボジョレーワイン」の「ボジョレー」は、美食の街で知られるリヨンからほど近い場所にあるブドウの産地

つまり、「ボジョレーワイン」とは、「ボジョレー地区で育ったブドウ(ガメ種)から作ったワイン」…という事になります。

ガメ種

使われるのは、ガメというブドウです。このガメブドウは、華やか&軽やかな味わいが特徴。

ガメ種

粒は比較的大きめで、皮は薄く、果汁多くジューシー&イチゴキャンディのような香りと甘いフルーツの香りで、赤ワインの中でも比較的飲みやすい品種として知られています。

ボジョレーのブドウ畑

ボジョレーでは、村人はもちろん、この時期世界中から労働者が集まってきて、ガメぶどうを手摘みで収穫。

ガメ種

トラックでワイナリーに運ばれ、処理されワインとなります。

葡萄をトラックで運ぶ ボジョレー

ボジョレーとボジョレーヌーヴォーの違い

さて、そんなボジョレーワインなのですが、「ボジョレー」と聞くと、日本人のほとんどが「ボジョレーヌーヴォー」(新酒)を思い浮かべると思います。がしかし、そうではない通年商品ももちろんあります。

ボジョレー

ヌーヴォーよりも長く発酵し、半年ほど熟成させてから翌年の春以降に出荷されるボジョレー地区生まれのワインのことです。

ボジョレーヌーヴォー

その年に収穫されたぶどうからつくられる、ボジョレー地区生まれの新酒のことです。
11月の第三木曜日(今年は19日)に解禁されます。日本では、時差の関係で本家のフランスよりも早く解禁を迎えることから、バブル期と共に大ブレークし広く知られるようになりました。

要するに…

「ボジョレー」と「ボジョレーヌーヴォー」では、「ボジョレー」のほうが醸造期間が長く、発売の時期が違う…という事になります。

「ボジョレー」を試飲してみよう!

…という事で、解禁を前に、通常のボジョレーを2種類をご紹介&試飲してみたいと思います。

ボジョレーワイン 違い

今回楽しんだのは…

・ジョルジュ デュブッフ ボジョレー2018
・ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ2018

の2つ!

ジョルジュデュブッフさん プロフィール写真

いずれも、ボジョレ―ヌーヴォーを世界に広めたジョルジュデュブッフ氏のブランドで、フランスでも日本でも高く評価されています。

ボジョレーワイン 違い

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー2018

苺やベリーのような赤い果実や花を思わせる香りで心地良く、味わいは軽い渋みと酸味もあってフルーティーです。
イチゴキャンディーのような甘い香りもして、女性にウケそう。色がバーガンディ。

ジョルジュデュブッフ ボジョレー2018

ペアリングには焼き鳥や、ミートソースパスタ、肉まんなどがオススメされていました。
私的には、エスニックもいいかなぁと思います。

ジョルジュデュブッフ ボジョレー2018

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ2018

ボジョレーの北に位置するボジョレヴィラージュで作られたワインです。

こちらは、赤い果実や花を思わせる香りがより凝縮された黒い果実を思わせます。濃密でなめらか、↑よりも濃くセクシーな味わい。口当たりは円やかですが飲みごたえがあります。

ジョルジュデュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ2018

ペアリングには、シッカリした味わいに合う、しゃぶしゃぶ、鶏肉のクリームシチュー、フライドチキン、生ハムなど。
私的には、チーズ料理にも合わせてみたいですね。

ジョルジュデュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ2018

2020年ボジョレーヌーヴォー おすすめ商品

それでは最後に、前述のジョルジュ デュブッフブランドから、2020ボジョレーヌーヴォーのおすすめ5商品を。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020

軽やかでフルーティな味わいです。果実や花の香りがあふれ、ボジョレーヌーヴォーならではのチャーミングな可愛らしさが詰まった1本です。感謝の花言葉を持つ、ひなげし、バラ、ダリアを中心にブーケのイメージでデザインされたラベルは、テーブルを華やかにします。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー 2020

ボジョレー地区・北部38村の中でも特に良質のぶどうが採れるエリアはボジョレー・ヴィラージュと呼ばれます。この地の畑で大切に育まれ、丁寧に収穫されたぶどうは、濃密でなめらかな味わいのあるワインに仕上がります。華やかでありながら、繊細な香りと味わいが特長。フランス国旗の色である赤白青の花をボトルにちりばめました。

ボジョレー ヌーヴォー 2020 ラ・ロズレー

デュブッフ社自社畑ぶどうを100%使用し、フルーティで軽やかな味わいのボジョレーヌーヴォーです。「ラ・ロズレー」とはフランス語で「バラ園」という意味。デュブッフ社の自社畑にバラが植えられたことから名付けられました。デュブッフ氏の功績への感謝の意味を込めて、2020年日本限定発売です。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020 オーガニック

有機栽培ぶどうからつくられたオーガニックヌーヴォーです。果実の繊細な香りとフルーティでまろやかな味わいが凝縮された1本です。

ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー 2020

ジョルジュ デュブッフ社の挑戦、今話題のオレンジワインを新酒でお届けします。今年収穫されたぶどうのフレッシュな爽やかさの中に、花や果実のような⾹りが感じられます。グルナッシュブラン種とシャルドネ種のブレンドになります。

詳細、お取り寄せはコチラのページから確認できます。
それでは素敵な解禁日を~!
ボジョレーヌーヴォー2020おすすめ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2020 飲み比べ アドリアンデュブッフ・ラコンブ フレシネ コルドン ネグロ ガメ種 「京都伏見SAKEスタンド」メニュー カルロ ロッシ ICE スパークリング ジントニック 緑茶割 BRAUERTAFEL(ブラウアターフェル) チリの赤ワイン マリエさんトークショー ダレノガレ明美 ピエール・エルメ・パリ 青山×奏 ジャパニーズクラフトカクテルバー